『自分たちの未来は、自分たちに決めさせてくれ!!!』

先日の記者会見で聞かれた質問にお答えしますシリーズ。その1

愛読書について。

 

『自分たちの未来は、自分たちに決めさせてくれ!!!』

「いつかロロサエの森でー東ティモール・ゼロからの出発』南風島 渉さん著(2000年:コモンズ)より

 

わたしの心に響いた、この言葉。
東ティモール独立闘争の民衆のデモで、若者たちが泣きながらそう叫んでいる・・・。

この本は、わたしに選挙の考え方、根っこの部分を作った、愛読書。

 

 

「独立か、併合か、どっちだろうが、自分たちのことは自分たちで決めさせてくれ」と命がけの住民投票を成し遂げた、当時の東ティモールの人々。

「今の日本人の選挙への意識の低さに、とってもガッカリしている。 『行かないのなら、その一票俺にくれ!代わりに俺が行ってくる!!』」南風島さんが度々トークイベントで話している東ティモールの若者の言葉。

 

わたしたちの選択がどこかの、誰かの運命をも左右する大切な一票だってことに気づかされた。

そんな大事なこと学校で習っただろうか・・・。

 

わたしたちの運命は、選択できまる。

 

諦めないで、よりよい社会の実現に向けて、みんなで知恵を絞って、競争ではない共生の社会を目指していきたい。

 

 

はせがわ。