Q9、野党共闘についての今まで取り組みについて

先日の記者会見で聞かれた質問にお答えしますシリーズ。その9

安保関連法が強行採決された、2015年9月19日。
 多くの憲法学者違憲といっているにもかかわらず、その時の議席配分で成立してしまいました。
 この法案成立の際の衝撃は、耐え難いものでした。

先月の6月15日早朝には、平成の治安維持法とまでいわれる、共謀罪強行採決されてしまいました。
 このような、野蛮な国民不在で声も聞かない、国会軽視の政治の在り方に複雑な感情を抑えられません。

全てが選挙で、政治の、そして国の在り方が決まっていく。
今の国会の在り方を是正するには、野党が議席を半分にし、真摯に国の将来を決めていかなければならない。
そう考えています。
民進党共産党社民党自由党が手を繋げないといけません。野党共闘です。

埼玉県でも、選挙区ごとに市民団体が立ち上がり、活発な活動を続けています。
まだまだ市民権を得ていないと思いますが、各市民団体のみなさんの丁寧な取り組みには本当に頭が下がります

飯能市は埼玉9区(飯能、日高、狭山、入間、毛呂山越生ですが、
「埼玉9区野党共闘市民連絡会」という団体ができ、市民間でのつながりができました。
そして、野党共闘実現の為に活動をしています。私も立ち上げ当初から参加させていただいております。
今回の出馬にあたり、「埼玉9区野党共闘市民連絡会」より、推薦を頂いております。

 また、以前よりどうにかしたいとモヤモヤと問題視してきた投票率の向上のためにと、“はんのう投票率向上委員会”を仲間と立上げ、2015年12月に、講師に座間宮ガレイさんをお呼びし、選挙の勉強会を開催しました。
 その後も、選挙の仕組み、政治について、上映会、憲法カフェ、イベントも開催してきました。

はせがわ