全国メガソーラー問題中央集会

昨日(1/14月・祝)全国メガソーラー問題中央集会に参加しました@なかのZERO・大ホール。

全国各地で推し進められている、メガソーラー事業に反対の声を上げている自治体や団体から現地の報告とスペシャルゲストにアルピニスト野口健さんを迎えてのトークなどがありました。

メガソーラー事業の最大の問題点は、法整備が立ち遅れているということ。
法律、条例は今、事業者の想いのままに進めていいことになっていて、何をどんなふうにやったとしても、お咎めがないという・・・。

その法整備を進めて欲しいという声を、本日(1/15火)経済産業省環境省に要請書を今回の主催者などで構成された賛同団体が提出する予定となっています。

・『さらなるFIT法改正を求める要請書』

・『太陽光発電施設を環境影響評価の対象とすることに関する要請書』。
こんなことが!?本当に!?という現地での衝撃的な報告に、会場内からも驚きと落胆の声が入り混じっていました・・・、ということで昨日の集会の様子です。
長文ですが、いろいろな問題がありすぎるので、よかったらぜひ読んでください。

*************************
FIT法が制定されてから再生可能エネルギーに対する投資が加速し、全国的にメガソーラー建設による大規模な森林伐採が問題になってきました。
再エネで発電した電気を電気会社が買い取るわけで、その買い取った電気代は電気会社が払うのではなく、わたしたち国民(電気利用者)が再生可能エネルギー賦課金という税金を電力会社から毎月徴収されています、なので、電力会社はただ取り次ぎしているだけで、支払いは国民が再エネ発電事業者に支払っている、ということ。※ご家庭の東電からの電気使用明細書をご確認ください。

一家庭の年平均は8000円だそうで、徴収総額は消費税1パーセントとほぼ同額の約2兆4000億円です。諸海外と比べてみても、日本国民の負担は大幅に高いそうです。しかも、年々負担額は増え続けている。まだ稼働していない事業があるし・・・。

原子力発電所は海に面した行き止まりの土地柄であるのに対し、今回の報告団体の話によると、メガソーラーの計画予定地は、内陸の風光明媚な山あいを大量に森林伐採したり、その斜面にソーラーパネルを設置したりと・・・、そして近くに住宅が密集しています。

そして多くの反対運動をしている団体の共通している点は、

・自然破壊、大規模な森林伐採

・開発に伴う土砂災害の恐れ、リスクの高まり

・そこを住処としていた動植物などの生態系への影響

・建設による水質汚染と生活水への心配

・地域住民との合意形成がない

などなど。

また、いろんなケースがありますが計画予定地が市町村との境界であったり、県境であったりします。

双方の自治体にとって住環境に悪影響となることは明らかで、住民たちはとっても懸念しています。ほか“FIT法”や“アセス”について、団体代表者からのレクチャーがあり、改めて知ったことが多かったです。

報告団体は、

・栃木県 横根高原の自然を守る日光市民の会(横根高原メガソーラー建設計画 59ha)

・長野県 米沢地区Looopソーラー対策協議会(諏訪市四賀ソーラー事業 196.5ha)

・千葉県 鴨川の山と川と海を守る会(鴨川池田地区メガソーラー事業計画 250ha)

京都府 南山城村の自然を守る会(南山城村伊賀市太陽光発電事業 100ha:南山城村 76.6ha、三重県側 24.4ha)

岡山県 大井地区連合町内会 里山活性化研究会(事業名未申請 186ha)

・長野県 富士見町内の太陽光発電事業を考える会 (京セラTCLソーラー 12.6ha)

・(財)日本野鳥の会 

その他にも、多くの参加団体がロビーで署名活動をしていました。

計画が上がっている南山城村京都府唯一の村だそうで、代表の方曰く、この村のいまのままの豊かな自然を子どもたちに手渡したい・・・。そして計画はまだ、第2、第3とあり、本件を阻止することはとっても重要なこと。次から次へと事業をすすめられることにならないように、運動を続けていく。

また、岡山県・大井地区連合町内会の方のお話も印象的でした。

メガソーラー事業を反対していると、原発がいいのか?!といわれることもあるが、粘り強く署名運動を続け、6月に市と県に陳情書を提出、結果は市議会:全会一致で採択され、県議会は継続審議。しかし昨年7月に起きた西日本豪雨の災害後に再度県議会へ陳情提出。これは全会一致で採択されたそうです。里山保全活動にも取り組み、自然・健康・歴史をテーマにハイキングなどイベントを開催し、いつでもお客様を迎えられるように環境美化に努めている。以前起きた・九州豪雨でも、手入れの行き届かない弱った里山が土砂災害に見舞われた。森を育てて、災害の強い街を作ること。

一通り報告が終わったところで、2日前にヒマラヤから戻ってきた、という野口健さんのトーク

環境保全活動を通して、全国各地多くの方たちから、メガソーラー問題について話を聞いていた。かなり前からトレーニング先の八ヶ岳へ登るたびに以前は牧草地だったところに大量のパネルが設置され、その立地もどんどん増えていくのを目の当たりにした。再エネの先進国ドイツのソーラー事業はどうな

っているのか・・・、
ソーラー事業者に課せられる条件を調べたら、
1、建設面積の6倍の森を作らなければならない
2、森を25年間、責任もって管理しなくてはならない
3、森にいた動物たちの巣を作らなくてはならない

ドイツでは太陽光発電事業を広げる前に、森を伐ったらその責任をしなくてはならない、ということ。

野口さん自身もジブンがよいと思っているから、みんなもいいと思ってくれているに違いないと、18年前に始めた富士山の清掃活動。呼び掛けた当初は、100人だった。4年続けていたら400人になったので、もう4年続けようと。そうしたら5000人になった!いまは全国から7000人もの参加者がある。

始めたころは、収拾したごみ処理のお願いに富士山周辺自治体の役場にいくが、なかなか相手にしてもらえたかったけど、これだけ活動が広がると、行政も無視できなくなる。

また、デジタル放送が始まったら、樹海にテレビが大量に不法投棄されたが、多くの参加者のおかげで清掃活動が進みキレイになった。選挙が迫ると、議員も清掃活動にやってくるようになる。

メガソーラー事業者に予定地の土地を売ってしまうことがなければ、この事業は進めない。どうして、土地保有者は手放さなければいけないのか・・・、そういう点も考えていくこともこれからは大事なこと。などなど

・・・以上、野口さん談

最後に、伊豆高原メガソーラー訴訟を支援する会 代表でこの実行委員長の方からあいさつで閉会しました。

*************************

報告者の方たちが映し出す地元の風景(計画予定地)を見ましたが、

本当に自然豊かで素晴らしいところです。ここにソーラー事業とはとんでもないことと、誰もがそう思うと思います。

自然を壊さないと進めることが出来ないという本末転倒なメガソーラー。当事者たちはこの事業の進め方が正しいと思っているのか・・・。
いくら、法律がそうであったとしても自然を壊すこの再生可能エネルギーは偽称だね、正しくは再生不可能、と思う・・・。

法律がとにかく、今のままではおかしい!!早急な法整備を全国の自治体が待ち望んでいます。

事業者の中には悪質なものもあり、例えば徳島・阿南町では、違法な農地転用で建設されたと発覚されたものが93件。
長野県駒ケ根市でも住民協定ないまま、稼働。
千葉県市原市でも林地開発違反が41件、その中でもより危険なものが3件あり、うち2件が太陽光発電
三重県では、自宅の周りにソーラーが取り囲むように設置されてしまい、家の温度が50℃になってしまう家や、ソーラーの反射光がひどく、家の中でサングラスをかけないと過ごせない、という・・・。

また山を削ったところに、産廃などのゴミを不法投棄して埋めているという報告。メガソーラー稼働前に産廃ごみの処分代とソーラー事業で二重に儲かる仕組みになっている、という・・・・、その土地を守りたいという人たちの想いにさらに追い打ちをかける行為にひどく悲しくなります。

『メガソーラー事業は今まで平穏に暮らしていた住民同士の間に軋轢を生み、この土地で作った電気は送電網で都市へ。そして資金になって海外へ流出。地元の自然は壊されるだけ壊され、何も残らない・・・、残るのは使用済みのパネル、というのが実情です。』

と発言者の言葉に、本当にこの事業をみんなで考えていかなくてはいけないとの思いが強くなりました。

メガソーラー事業者が倒産することも考えると、設置したパネルの処理は誰がするのか?!という問題も今後きっと出てきます。

実際昨年度のソーラー発電事業者の倒産件数は88件。

“倒産したからあとは知りません”、では済まされない。

また、使用済みソーラーパネルの処分方法のガイドラインも定まっているとは言い切れません。パネルには重金属も使われているので、経年劣化で腐敗し、化学物質が土壌を侵食し、河川や海を汚染することも想像されます。

統計によると総務省は、2040年に使用済みのパネルのゴミが、2015年度の300倍の80万トン出ると予想しています。

このパネルの捨て場に困った末、ソーラ―パネルの上に次から次へとパネルを積み重ねていくような・・・、日本中がパネルの山だらけになる!!なんてことになりませんように!!!

飯能でもソーラー事業の計画が上がってきています、すでに市内でメガソーラーはすでに稼働していますが・・・。

でも、おかしいと思うことに、おかしい!!という人の輪が確実に広がってきています。

市民のひとりとして、住民の立場になって、

未来に残したいものは一体何なのか・・・、

一緒に考えていきたいです。

 

#全国メガソーラー問題シンポジウム実行委員会
#野口健
#FIT

f:id:juncovoice:20190115232001j:plain

f:id:juncovoice:20190115232005j:plain

f:id:juncovoice:20190115232009j:plain

f:id:juncovoice:20190115232016j:plain

f:id:juncovoice:20190115232029j:plain

 

みっくすじゅーす講座 『それって、デートDVです。』11月20日(火)原市場福祉センター

みっくすじゅーす講座のお知らせです。

『それって、デートDVです。』

デートDVとは結婚していない若い恋人同士で起きるDV(ドメスティックバイオレンス)のこと。

時間:11月20日(火)10時15分~11時45分。
会場:原市場福祉センター

お話:野﨑道子さん
   NPO法人 レジリエンス 主催、
   ファシリテーター養成研修(デートDV版)修了者
 *************************
 
  内容は、中学生高校生を対象にしたものです。
   
   ◎年頃のお子さんをお持ちの方、
   ◎ご興味のある方、などなど。

*************************

参加費:300円(資料代含む)
保育あり:希望者は11/13までにご予約下さい。
保育申込み:090-2430-5613 キザキ
問合せ:080-2380-0764 ハセ川

 

 

f:id:juncovoice:20181117112123j:plain

f:id:juncovoice:20181117112138j:plain

中村隆一さんお話会

 bookmarkにて、ウィンドファームの中村隆市さんのお話し会に参加してきました。

主催のSANE

sanejapon.blogspot.com

では、エクアドルで森林農法のコーヒー豆を取り扱っていて、そのコーヒー豆を中村さんが現地の方から公正な価格で取引しています。

中村さんは二十歳と若いころから、様々な実践されてきた方で、自然豊かな土地で米や野菜を有機栽培し、街での農作物の販売をするも思いの外、売れなかったそうです。農薬や化学肥料を与えない野菜は大きさもまちまちで、葉や実が虫に食べられたりすることも多々あるけど、そこは安心安全な印なのに・・・。

 そこで中村さんは、“消費者の意識を変えよう”との思いで、生協に入社します。

 その頃に起きたチェルノブイリ原発事故により、食品の放射能汚染がヨーロッパにも広がり、国は370ベクレル以上の食品の輸入をストップした。ここで中村さんが気になったのは、“果たして370ベクレル以上の輸入対象外の食品はどこに行くのか?”辿っていくと、援助物資として発展途上国の国々、例えばアフリカなどに送られていた。

 地産地消だけでは、この循環を断ち切れないということで、途上国で有機農法のコーヒー豆を生産し、自然に負荷のかからない取り組みを広めていこうということに。

 

南米・ブラジル渡り、コーヒー豆の有機栽培へ賛同する農家との出会いに数年かかったそうですが、中村さんの主旨を理解してくれた、カルロスさんに出会うことができ、この地域でたくさんの農家に賛同されて、今はとても大きな共同体になっているそうです。カルロスさんの人柄やこれまでの実績は多くの人が認めるところで、その存在感はとても大きく、多くの地域や人々がフェア・トレードに関心を寄せはじめました。そして今、ブラジルの街の中にオーガニック・コーヒーのカフェが増えているとのこと。

 

南米でも開発の名の下、鉱山掘削などで、豊かな自然が破壊されています。エクアドル・インタグ地方の人々はこの地の先住民族で森と共に生活してきて、この豊かな森を守るため、より自然に近い森林農法実践のため、手間暇の掛かる有機栽培でコーヒー豆を育てつつ、開発事業者への抗議行動などもしなくてはいけないと、厳しい日々を送っているそうです。

 地元の銀行は先住民族の人たちにはお金を貸さないので、ならば銀行を作ってしまおう!!と、TOSEPANTOMIN(お金はみんなのもの)という銀行を設立。そして、最初に投資する先は、パン屋や手作り民芸品の製作などをスタートさせる女性たちへ。

 

興味深かったのは今まで10数種しか確認できなかった野鳥が、コーヒーの森林農法を始めたら、200種超になった、ということ。現地の環境が改善され、有機農法、森林農法を取り入れることは、地球温暖化を阻止する役目もある。

弱者とは、声なき声=自然。 その自然を守るため、子どもたちに教育が必要、でもそれにはたくさんのお金が必要となる。

 SANEの杉田さんが、飯能のてんたの会(天覧山多峯主山を守る会)代表の浅野さんから聞いた言葉を紹介して下さいました。

“人は自然がなくなってからでないと、そのよさに気が付かない”

確かに失ったり、壊れてから気が付くかもしれない・・・、それでは遅すぎる、っていうこと。壊れた自然はそう簡単には戻らない。

 

エクアドルのこの地域での取り組みである、森林農法という方法は、多種多様な植物、動物が共存していることになる。例えば、森の中でコーヒーの木の隣に、バナナの木、シナモン、スパイスの実がなり、そしてはちみつも採取できる。

自然を守り、人々の暮らし、命も育む。 

生活と仕事が一緒で、本当に素晴らしい取り組みだと思いました。

 

中村さんのお話の後、参加者からいろんな問いがありました。

 

エクアドルのスタディー・ツアーに参加されたことのある方の発言、

今のエクアドルの鉱山で掘り起こされているのは、“銅”だそうで。

何に使うのか、というと、“電気自動車”だそうです。自然に優しい電気自動車、という一般市民のイメージに、ガソリン車から乗り換える人もいるかもしれないけど、自動車会社にとって、売るための戦略。これを見抜く教育の力が必要、というお話でした。

 

***************************

今回はエクアドル、南米のお話しが中心ということでしたが、中村さんは、東ティモールのコーヒー生産者の方たちとつながっていると伺い、是非、お話し会に参加したいと思いました。

 

わたしも今年の3月に、東ティモールのコーヒー産地を訪れたとき、バナナやパパイヤの実が生る木の横に、コーヒーの木が並んでいたことなど思い出しながら、今回の森林栽培を進めている、エクアドルのインタグの生産者と同じところや似たところがあるように感じて、世界全体でこの農法が勧められていくといいな~…なんて感じました。

 

現地の人々の生活は、森と切っても切れない関係。なのに、鉱山開発を進めようとするのは、たぶん日本にいる私たちに全く関係がない、のではなく、この人たちの森を奪うことで、手に入れる“何か、ちょっとした豊かな生活を送るためのモノ”として、手にしてしまっている、もしくはこれからも手に入れてしまうものかもしれません。

森の破壊にストップをかけること、森を守ることは、自分たちの命につながっているということ。

みんなが知ることになったとき、世の中は一体どんなことになっているのかな・・・、今よりはきっと、よくなっていますように・・・!!!

 

 中村さんが地球の裏側までいって、有機栽培のコーヒーを広めたいと願い、その後の運命的なカルロスさんとの出会いがあって、南米・メキシコ、エクアドル、コロンビア、ブラジルと輪が広がっている。  ホンモノとは?その価値を知ってもらい、世の中の仕組みを変えたいと常に行動してきた中村さん。物事を常に深く考え、それを行動されてきたからこそ、いろんな国や地域の人たちと協働で進めてこられたのだな、と思いました。

 

エクアドルの森、東ティモールの森、わたしたちの森をみんなで守って、育てていきたいです。

毎度、とあるマーケットでお隣同士になる、SANEのみなさんと産地の違うコーヒー豆をお互い並べて、出店していて、SANEさんはエクアドル、わたしは東ティモールの豆。

 

これからも“森”を通して、いろんなことを学んでいきたいです。

 

本当にいいお話でした。中村さん、ありがとうございました。

主催者のみなさまもお世話になりました。

 

f:id:juncovoice:20180702220902j:plain

f:id:juncovoice:20180702220910j:plain

 

 

 

~東ティモールへ行ってきました~ 報告会

f:id:juncovoice:20180329133653j:plain

ご無沙汰しています。

皆さまお元気でしょうか。

私もおかげ様で元気です。

 

じつは、以前からとってもいきたくても、なかなかいけなかった南の島国・東ティモールに、この3月にとうとう、家族4人でいってきましたー\( ‘ω’)/

 

そこでこの度、ヤナギコーヒーさん(自家焙煎珈琲豆&ウクレレ喫茶)で報告会をさせていただくことになりました。

 

日曜日の夕方4時~のスタートになるので、ご飯もご用意する予定です。現地で食べた味にできるだけ近づけてみたいと思います。

訪れた先々で出会った人たちや、見たことや聞いたことなど、写真をまじえてお話させていただきます。

 

お時間、ご都合つく方はぜひ、いらしてください。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

東ティモールへ行ってきました~

 

パパの勤続25年リフレッシュ休暇制度を利用しティモールへ!!!

旅での出会いや訪れた土地で見たこと、聞いたことなど写真をまじえてお話しします。

 当日は、現地で食べたティモールのご飯をご用意!!

味の再現に全力でチャレンジします!!

※内容はおかず3品+ごはん(玉子、地鶏、青菜などを使用予定)注:ティモールご飯を希望の方は、3/30(金)までにご予約下さい。

 

日時:4月1日 日曜日 16時~(開場15時半)

場所:ヤナギコーヒー  〒357-0128 埼玉県飯能市赤沢545-2

http://www.yanagicoffee.com/

参加費:要オーダー(ヤナギコーヒーメニュー表よりお選び下さい。)

食事代:1,000円 エルメラ産コーヒー付(ミニカップ)

小学生以下:500円 3歳未満:無料

 ※ティモール土産のくじ引きプチ大会も最後に予定しています。

 

問合せ&申込み 080-2380-0764(ハセ川)

※ヤナギコーヒーでも予約受け付けます

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

悲報 アレックス(ヘルデール・アレキソ・ロペス)

f:id:juncovoice:20171110153549j:plain

昨日お亡くなりになったそうです。

 

本当にこんなにチャーミングな笑顔でしかも、ギターを奏でながら、傍で唄がはじまっちゃったら、

みんなアレックスに恋、しちゃうよね!

 

ドキュメンタリー映画 

www.canta-timor.com

 映画は、東ティモールへの日本のかかわりをリアルに描いていて、

それを知らなかった自分が本当に情けなく、東ティモールの人たちに申し訳なかった。

その罪滅ぼしとして、少しでもと、上映会を開いてこの映画を多くの人に観てもらうこと、それくらいしかできなかった。

 

今日はこの知らせが入る前から、なぜだか以前上映会の時描いた、アレックスの絵が出てきたり、

“カンタ!ティモール”のパンフがごっそっと、出てきたり・・・。

 

今日は何かと思い出しては目がウルウルしちゃうけど・・・、そういうことなので。

 

アレックス、本当にありがとう

まだまだ若かったから、もっと生きたかったよね。

 

遠く星降る島の空の上から、みんなを見ててくださいね。

 

 

アレックス 安らかに

アレックス 永遠に

f:id:juncovoice:20171110153607j:plain

道徳『教科化』で学校はどうなる・・・? 講演会のお知らせ。

 

f:id:juncovoice:20171109211426j:plain

今週11月10日(金)夜18:30~スタート。

講師:渡辺 雅之氏(大東文化大学 文学部 准教授)

会場:飯能市富士見公民館:第一学習室

参加費:無料

これから教科化となる『道徳』について学習会と討論会のご案内です。

そもそも心の持ちようは、人それぞれであっていい。
これを授業でこう有るべき、と教えるのはちょっとどうなんでしょうね・・・。

人の心のあり様は多様であっていいはずなのに。

どう先生が指導し、子どもたちはどう教えられてしまうのか、
この会で考えていきたいと思います。

ぜひ、ご参加ください。

主催:小選挙区制・政党助成法の廃止をめざす飯能連絡会
連絡先:飯能民主商工会内 TEL:042-972-4432

わたしも討論会のパネラーとして、参加させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします(っ´∀`c)

憲法学習会のご案内

憲法学習会のご案内です。

今回の総選挙のまえから、安倍政権がいっていた”憲法改憲

みなさま、自民党草案ご覧になりました?

安倍首相、まずは憲法自衛隊を明記したい、っていってます(^▽^)/
そうなると、どういうことになるの???

この改憲について若手の弁護士さんにお話伺います。

♪♫♪♪♫♪ ♪♫♪♪♫♪ ♪♫♪♪♫♪ ♪♫♪♪♫♪

“9条に自衛隊を明記したらどうなる”
安倍政権が考える憲法改悪を考える

2017年10月29日(日)13時30分~16時00分
会場:飯能市市民会館 202会議室

講師:野口 景子 弁護士 (東京・城北法律事務所)

※入場無料ですが、会場で募金のお願いをさせていただきます。

野口弁護士 プロフィール
佐賀県出身 第2次 安倍政権発足(2012年12月)直後の2013年1月に弁護士登録(第65期)
2014年4月 城北法律事務所に入所 “明日の自由を守る弁護士の会(あすわか)”会員

飯能にはたびたび、講演に来ていただいています(^ ^)

問合せ:埼玉土建飯能日高支部  042-974-0330