闘い終わって。

この市長選でつながったみなさんへ

 

この度は本当に大変お世話になりました。

初・選挙で市長へ!の道はそう甘くありませんでした。

 

ご支持、ご支援してくださったたくさんの方たち。

 

応援して、私に一票を投じてくださった、みなさまの期待に応えることができませんでした。

まだまだ努力が足りなかったこと、勉強不足だったこと、本当に申し訳なく思います。

 

今回のわたしの市長選への挑戦は、傍から見れば、無謀な!そして無鉄砲な!ちょっと、なんでそんな!唐突すぎる!!と思われたかもしれません。

わたしも、まさか!!!!!の出来事でした。

 

でも、いろんな社会状況の中、このまま固唾をのんでやり過ごすくらいなら、ドーンといってみよう~、って。

わたしのことを心配してくださった人たちの気持ちとは裏腹に、そう気負いもなく、実は飛び込んでしまいました。

(ここに私の個人的な問題があるようにも思いますが・・・。)

 

 

たくさんの夢語らせていただきました。 
少しでも現実に近づけるためにも、またここから始めます。

 

市長になる、という心構えで飯能市政を見つめることができた貴重な体験でした。

40歳過ぎてから、考えるテーマではなく、もっと早くから着目したい。ここも痛切に感じました。

 

もっと政治を身近にするしかありません。

 どんなまちに住みたいかを考えるのはわたしたち一人ひとりに与えられた権利。

 つかう、つかわない。いる、いらない。ほしい、ほしくない・・・。

 政治に関心のない人なんて、いないと思います。

 たぶん、投票率が低いのは、わたしたち一人ひとりとつながっていない人たちが、ちょっとだけ、多いからなのだと思います。

 ここから、みなさんとつながっていけば、きっと、いいね!っていうまちにいつか近づくはず。

 

今回、重なった手と手、握ったままどうか離さずに。

時には指先だけでもいいので。

 

それにしても、本当に共産党の方々の組織力には、この選挙に関わらなかったら・・・、ここまでとは、知る由もありませんでした!!お見事!!あっぱれ!!!です。

 この選挙で闘えたのも、本当に“愛”があったからこそです。

皆様の愛で包まれた、やさしい空間にいられた時間はとても幸せな一時でした。

関わってくださった方、応援してくださった方、ご支持くださった方、

いつも近くで励ましてくださった方、限られた時間のなかで駆けつけてくださった方、

わたしを一人にしないでそばで支えてくださった方

遠くから、エールを届けてくださった方

わたしの歌を歌ってくださった方

すべての方々に心からの感謝を申し上げます。
誰よりもシアワセ者な候補者だった。と思っています。ありがとうございました。

 

 わたしの踏み出した一歩は、確実にたくさんの方たちとつながることができました。
この機会を決して、無駄にすることなく、次に進みます。
これからもお見知りおきのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

“自分の地域を良くすれば 世界にも平和が訪れる”  シャナナ・グスマォン 初代 元 東ティモール大統領

 

 

 

 

2017.7.10 快晴

 

長谷川じゅんこ拝

f:id:juncovoice:20170710164329j:plain

 

友人が作ってくれた「じゅんじゅんクッキー」